BUSINESS

事業案内

世界発となるスライド型車載車両『セフテーローダ』の
製造と販売を手掛ける。

花見台自動車が取り組んでいるのは、スライド式のトラック荷台『セフテーローダ』の製造と販売です。セフテーローダの開発元でもある当社は、国内でも長年No.1のシェアを維持し続けてきました。

セフテーローダが誕生したのは1972年。自動車修理業を営んでいた弊社創業者である能條健二が中心となり、世界初となる荷台スライド式ボディーを開発しました。当時の花見台自動車は、横浜市に本社を置く従業員5名ほどの会社でした。車の板金修理を手掛けておりましたが、納車の際に必ず2名の人手が掛かることから、1人でも積み下ろしができるような工夫が求められたのです。そこで生み出されたのが、1人で積み下ろし可能なスライド式荷台でした。製品の利便性から人々の目に止まり、注文が入りはじめたことで、現在まで高い評価をいただいております。実際に公道を走る許可を得るまで半年ほど掛かりましたが、1974年には地元の建設機械リース会社からご注文をいただき、本格的に製造販売がスタートになりました。

その後、株式会社化、板金からの撤退、工場移転などを経て、製造販売に専念するように。1985年にはモーターショーに出展したことで、各方面から注目されることになりました。1990年には新たな生産拠点として福島県いわき市に工場を設け、同時に本社も移しています。

当社はセフテーローダのパイオニアとして、商品企画力や技術においては一日の長であると自負しています。依頼先ごとのご要望を細かくうかがい、それに対応することで技術を蓄積してきました。試行錯誤してきた年月や経験は、他社を上回るものと言えるでしょう。

2017年には新たな機構のスライドボディーについて特許を取得しました。このように技術開発、製品開発についても積極的に取り組んでいます。

PAGE TOP